春秋制のJリーグはシーズン佳境を迎えている。

そうしたなか、昇格争いで八百長が発覚した南アフリカのチームが永久追放処分を受けることになった。

『Marca』によれば、問題があったのは、南アフリカ2部リーグへの昇格争い。

3位につけるチームは上位2チームと得失点差で大差があったため、18点差で勝つ必要があった。

問題の試合は59-1というスコアで、そのうち41ゴールがオウンゴールという内容。そのため、当局が調査に乗り出し、八百長だったと結論付けた。そして、両チームに永久追放の処分を下したとのこと。

【関連】「凄い選手がいたのに降格の悲劇を味わった10のチーム」

また、昇格がかかったもう一つの試合も33-1というスコアで八百長と認定され、こちらも関与した2チームともに永久追放処分を科されている。

【厳選Qoly】日本人選手vs韓国人選手、いま市場価値が最も高いのはこの8人!1位は99億円

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら