ミズノは3日、ハードワークとスプリントに対応するために軽量性とフィット感を追求したサッカーシューズ『MIZUNO α(ミズノ アルファ)』シリーズを発表した。

Mizuno Alpha

プレースピードが上がることでスプリント回数が増え、さらに1試合を通して走り切るため、よりハードワークとスプリントに対応したシューズが求められる現代サッカー。

そこでミズノは、サッカーで盛り上がる11月のタイミングにあわせ、軽量・柔軟・素足感覚といった“ミズノイズム”を継承した、ミズノフットボール史上最もスピードを追求したサッカーシューズをリリースした。

トップモデルの『ミズノ アルファ JAPAN』はシリーズ最軽量の約190g(※27.0cm片方)。アッパー部には5種類の軽量な素材を使用しており、着用した際の柔らかな足当たりとプレー中のシューズ内での横ブレを軽減している。

中底には屈曲反発性と剛性の高い材料「KaRVO RS™」を採用することで、スプリントを追求。

さらに、シューズ踵部分には高反発ソール素材『ミズノエナジー』を採用しており、従来モデルである『レビュラカップ JAPAN』に比べてクッション性が向上し、ハードワークに対応できるシューズとなった。

ミズノブランドアンバサダーの吉田麻也は『ミズノ アルファ』を着用した印象について以下のように語っている。

「ミズノアルファはこれまで着用してきたシューズの中でもフィット感、スピード感に優れているので、激しいプレーにも対応することができます。このシューズを履いて世界で戦っていきます」

セルヒオ・ラモス

セルヒオ・ラモスは発表前日の11月2日に行われた試合ですでに『ミズノ アルファ』を履いていた!