パリ・サンジェルマンに所属している元スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、『Mizuno』と契約を結んだことを発表した。

【動画】Mizunoのファミリーに加わったセルヒオ・ラモス

以前からMizunoのスパイクを履いてプレーしているところが発見されていたセルヒオ・ラモス。今回ようやく正式にアンバサダーとなったようだ。

今後セルヒオ・ラモスにはスパイクの他に普段着となるアパレル類、シューズ類なども提供されル予定であるそうだ。

他にも彼の知名度や影響力を使った新しいアイテムを開発する予定であるとのことで、新製品の発売も期待されている。

セルヒオ・ラモス

「サッカー界で重要な歴史を持っている日本のスポーツブランド、Mizunoの新しいアンバサダーになれたことを誇りに思う。

子供の頃にMizunoのスパイクを履いていたが、それがとても長持ちしたことを覚えているよ。

あれから何年も経過したが、新しいMizunoのスパイクを試してみたらすぐに若い頃のことを思い出したよ。ボールを触ったときの感覚のクオリティに気づく。その軽さとフィット感。

Mizunoのファミリーに再び加わることができ、このスパイクを履いて多くの勝利を祝えることをとても嬉しく思うよ」

なお、セルヒオ・ラモスは現在怪我のために離脱しているものの、古巣レアル・マドリーとの試合で復帰できる可能性があるという。