日本代表はワールドカップの決勝トーナメント進出をかけて、強豪スペインと対戦する。

この試合を担当する主審は、南アフリカのビクトル・ゴメスさんに決まった。

39歳の同氏は、今大会ではフランス対オーストラリア戦を担当。フランスが4-1で勝利した試合で、オーストラリアの3選手にイエローカードを提示している(フランスはカードなし)。

普段は国内リーグやアフリカチャンピオンズリーグなどで笛を吹いているゴメス審判が担当した試合で提示したカードはこんな感じ(『Soccerway』より)。

また、同氏は昨年の東京オリンピックでも審判員に選ばれており、日本対ニュージーランド戦で第4審判を務めた。

【関連】W杯日本代表vsスペイン代表!イケメン3トップがこちら

注目の一戦は日本時間2日(金)午前4時にキックオフされる。