日本代表はワールドカップの決勝トーナメント進出をかけて、強豪スペインと対戦する。

そのスペイン代表MFコケはこの日の会見で日本についてこう述べた。

「(2位通過するとブラジルとの対戦が避けられそうだが)

自分たちが持っている唯一の戦略は、次の日本戦に勝つことだけだ。

(準々決勝でブラジルと対戦?)

僕らは何者も恐れていない。全ての代表チームに最大限の敬意を払っている。

準々決勝のことは考えていない。まずは日本に勝たなければいけないからだ。全ての試合で勝つという考えは変わらない。

(日本代表の分析は)

まだだ。彼(監督?)からは攻守のカギは教えてもらっていない。

僕らには自分たちのスタイルがあるし、ややニュアンスは変わるかもしれないが、考えは変わらない。

必要な時に速攻で攻めて、間を置く…それが自分たちの強みのひとつであり、考えでもある。それを死ぬ気でやる。それが今大会でやることだし、監督が言っていることでもある。

(日本代表選手について)

ドイツ戦を見たけれど、とてもよく働くし、非常に組織されている。

後ろに人数を割いているが、エネルギーをもって出ていく。

同じような試合になると思う、ドイツとスペインは似ているからね。

久保(建英)のことはみんな知っているよ。日本のストロングポイントはチームであり、死ぬ気でくるだろう」

2位狙いではなく勝ちに行くとしたうえで、久保はスペイン選手全員が把握しているとのこと。

【関連】スペイン代表、2022年W杯落選ベストイレブンが強すぎ

注目の一戦は日本時間2日(金)の午前4時にキックオフされる。