6度目のワールドカップ優勝を目指しているブラジル代表。

レアル・マドリーで活躍する22歳のヴィニシウス・ジュニオールも注目選手のひとりだ。

『UOL』によれば、彼は13歳と時から契約してきたNikeとの関係が悪化しており、法廷闘争に発展したという。

ヴィニシウスはNikeと2028年までの契約を結んでいるが、契約破棄を望んでいるとのこと。

金銭面が争いになっており、選手側は不当な扱いを受けていると感じているとも。

両者の対立は数か月に渡って続いており、ヴィニシウスはNikeの最新イベントや代表ユニフォームのお披露目映像にも参加していない(ブラジル代表のサプライヤーもNike)。

【関連】NIKEの契約選手で組む役最強ベストイレブンがつよすぎ

彼は今大会でNikeのスパイクを履いているが、最新モデルではなく古いものを着用。ヴィニシウス側の関係者によれば、和解の可能性ないというが…。

【厳選Qoly】なでしこジャパンの名FW大野忍が「今の選手のことを評論したくない」と語った深いワケ “冷たいと思われるかも…”

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら