今冬のマーケットでサウジアラビアに移籍することとなったクリスティアーノ・ロナウド。

まだまだ現役選手としてのキャリアを続ける一方、彼は引退したあとの計画も進めており、ポルトガルに1700万ポンド(およそ26.5億円)をかけて大邸宅を建築しているとのこと。

これは6月までに完成するとのことだが、問題となっているのはその邸宅で料理を担当する専属シェフであるそう。

ロナウドの家族が欲しがっている料理人は、寿司のようなメニューを作れるほか、伝統的なポルトガル料理にも対応できるという人材。

この邸宅にはなんと珍しく日本料理を作ることができる専用のキッチンが用意されているとのことで、寿司へのニーズは大きいようだ。

その料理人を雇うために準備されているのは月給4500ポンド。およそ70万円ほどであり、年間では840万円ほどになるという。

【関連記事】タトゥーを彫っていない世界最強のスター選手11人(2023年版)

ロナウドの新しい邸宅はリスボンから西に30kmほど、シントラ=カスカイス自然公園の中にあるキンタ・ダ・マリーニャという海沿いの地域に建築されている。

複数の階層と数多くの部屋が用意されており、引退後にクリスティアーノ・ロナウドは家族とともに居住する予定だそうだ。