シャーロットFCは、「DFアントン・ウォークスがボートでの事故により死亡した」と公式発表した。

アントン・ウォークスは1997年生まれの25歳。15歳でトッテナム・ホットスパーの下部組織に加入し、2016年に行われたリーグカップのジリンガム戦でトップチームにデビューしていた選手だ。

2017年にはアメリカ・メジャーリーグサッカーのアトランタ・ユナイテッドへと貸し出され、さらにポーツマスへ移籍した。

そして2020年にアトランタ・ユナイテッドへ復帰し、一昨年の拡張ドラフトで新規参入のシャーロットFCに指名されて加入している。

記事によれば、アントン・ウォークスが死去したのは1月18日であるという。

シャーロットFCはマイアミで12日間のトレーニングキャンプを行っており、アントン・ウォークスは休日に海でボートに乗っていたとのこと。

そして午後3時頃に2台のボートが衝突する事故があり、それによって負傷したアントン・ウォークスは病院に運ばれたものの、その時点ですでに意識不明であったという。

【関連記事】追悼…2022年にこの世を去った「サッカー界の名人物たち」

懸命の治療が続けられたものの、その翌朝にアントン・ウォークスが息を引き取ったことが確認されたそう。

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」