ワールドカップで活躍を見せると、ブライトンでも好調を維持し続けている日本代表FW三笘薫。

英国でゴールを量産しつつあるが、本人は満足していないようだ。クラブ公式でこう述べていた。

「すべての試合でゴールを決めたい。そうすれば勢いに乗れる。

気にしていないけれど、みんなが僕のことを見ているのは事実。ある意味、そのプレッシャーを楽しんでいるよ。

いまは毎試合、ゴールかアシストをできたらいいと思っているし、うまくいっている」

「(終盤にヘディングで決勝ゴールを決めた)ボーンマス戦での自分のパフォーマンスには満足していない。

(ゴールなしで)ああいう形で試合を終えることになったらひどいと思っていた。

時間が経つにつれて、もっとできたはずとイラついた。

引き分けに終わっていたら残念だったので、得点できたのはよかった。これを教訓にしなければいけない。

(リヴァプール戦の圧巻ゴールは)日本でかなり大きなニュースになったのは知っているし、その実感もある。

終了間際だったせいもあるし、僕らはものすごい喜んだよ。

とにかく、皆が自分にもっと注目してくれるのは嬉しい。

川崎フロンターレでは常に勝っていた。いまは同じようなメンタリティでプレーできている。

失点しないことで、最後まで試合に勝とうとトライできる。

(ボーンマス戦は)我慢強くプレーしたけれど、守備的なチームにはもっと押し込むべきだとあらためて感じた。

自分たちのゲームの質を高めていかなければいけない」

現状には満足しておらず、まだまだやれるという思いがあるとのこと。

【関連】三笘も待ったなし!ブライトンから出世した7人のスターとその移籍先

今後もさらなる活躍が期待できそうだ。

【厳選Qoly】本日韓国戦!小久保玲央ブライアンはなぜベンフィカ「B」でもベンチ外なのか?現地の事情通は「退団の勧め」

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら