セルティックでゴールを量産する古橋亨梧。日本代表からは落選したものの、この夏にはビッグリーグ移籍が噂されている。

『CalcioMercato.com』などによれば、クリスタル・パレスが2000万ポンド(32億円)で獲得に乗り出すとのこと。

現在、プレミアリーグで12位のパレスは12試合勝ちなし(5分7敗)と絶不調で、パトリック・ヴィエラ監督を解任したばかり。それでも、古橋への関心は衰えていないという。

パレスはチーム内得点王(6ゴール)のウィルフリード・ザハが契約満了で退団する見込みのため、新たなストライカーが必要になる。

2021年にセルティックから1850万ポンド(30億円)で獲得したフランス人FWオドソンヌ・エドゥアールもチームにいるが、彼は24試合で3ゴールに留まっている。

【関連】プレミアリーグに「来ないほうが良かった」10名

新たなエース候補として古橋の獲得に乗り出すかもしれないというが、果たして。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名