UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝で対戦することになったマンチェスター・シティとバイエルン・ミュンヘン。

シティでゴールを量産し続けているアーリング・ハーランドはドルトムント時代以来の再戦となる。

そうしたなか、バイエルンのレジェンドであるローター・マテウスは『Sky』で「ハーランドはバイエルン戦で多くプレーしたが、ゴールは少ない。彼を恐れる必要はない」と発言した。

実際にはハーランドはバイエルン戦7試合で計5ゴールを叩き出している。ただし、7戦全敗と一度もバイエルンに勝ったことはない。

【関連】怪物ハーランドも!実は日本人の同僚だった世界最強ストライカー6人

マテウスは「すばらしいクオリティがあるチーム」とシティを警戒したうえで、初優勝に向けた大きなプレッシャーがバイエルン側に有利になりえるとも述べていた。

【厳選Qoly】悲願の初優勝!Jリーグとレヴァークーゼンでプレーした5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら