ギリシャ・スーパーリーグのオリンピアコスは13日、「コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスとの契約を解除した」と公式発表した。

ハメス・ロドリゲスは昨季カタールのアル・ラーヤンを退団し、今季開幕後の9月にオリンピアコスと契約した。

それから20試合でプレーし、そのうち18試合ではスタメン出場。レアル・マドリー時代にも同僚だったマルセロと再びチームメイトとして戦っていた。

そして1455分の出場時間で5ゴール&6アシストを決めるなど一定の活躍を見せていたものの、シーズンを終えることなくチームを離れることになった。

なお『Infobae』の報告によれば、フリーになったハメス・ロドリゲスの移籍先としては複数の国が考えられているという。

報道で出ているのはアメリカ・メジャーリーグサッカーのクラブ、そしてブラジル全国選手権の強豪チームのいずれかであるとか。

【関連記事】ハメス・ロドリゲスの現彼女は「世界屈指の美女モデル」。『恋愛歴』がスゴすぎるぞ

また、トルコのメディアではベシクタシュがハメス・ロドリゲスの獲得に乗り出しているという状況を報告しており、加入が近づいているという噂も。

【厳選Qoly】スゴいメンバーだ…長谷部誠がプレーした「最強のチームメイト」ベストイレブン

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら