サウジアラビアのアル・ナスルでプレーするクリスティアーノ・ロナウド。

9日に行われたアル・ハリージ戦にフル出場するもゴールは奪えず、試合は1-1の引き分けに終わった。

その試合後にあったこんなシーンが話題になっている。

相手選手たちと握手をすると、ユニフォームもあげたロナウド。敵チームのスタッフたちは彼とどうにか写真をとろうと周りを取り囲むような形に。

そのうちのひとりが強引にセルフィーを敢行するとロナウドは不快感を露わにし、相手を手で押し退けたのだ。さすがにイラッとしたようだ…。

【関連記事】タトゥーを彫っていない世界最強のスター11人

リーグ戦2位のアル・ナスルだが最近5試合で1勝と停滞気味で、首位アル・イティハドとの勝点差は5ポイントとなっている。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名