2030年のワールドカップ招致を目指すサウジアラビアは、政府系ファンドがサッカー界への破格の投資を行っている。

同国1部のアル・イティファクは、新監督にスティーヴン・ジェラードを招聘し、2年契約を結んだ。

『Daily Mail』によれば、そのアル・イティファクは、ジェラード新監督の最初の補強ターゲットとして、リヴァプールMFジョーダン・ヘンダーソンやチェルシーFWピエール・オーバメヤングの獲得を狙っているという。

33歳のヘンダーソンはジェラードとともにプレーした経験もある。一方、34歳オーバメヤングはチェルシーで厳しい立場に置かれている。

【関連記事】南野拓実も…リヴァプール退団を後悔している6人の選手

さらに、元リヴァプール勢のフィリペ・コウチーニョ(アストン・ヴィラ)とサディオ・マネ(バイエルン・ミュンヘン)もアル・イティファクへの移籍が浮上しているとのこと。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★