毎週木曜日に『DAZN』で更新されている「内田篤人のFOOTBALL TIME」。

今回は南葛SCでプレーしている元日本代表DF今野泰幸をゲストとして迎え、日本代表や1月に開幕するアジアカップについてのトークが行われた。

そのなかで、先週のアルメリア戦でボールを失ったところから失点の原因となり、批判を受けてしまった久保建英のプレーについて話が及ぶと…。

内田「久保くんがボールを持つと繋げてくれると思われてると、周りも守備のポジショニングが遅れてしまう。

周りのバランスも大事だからね。タケならなんとかなるっしょ!みたいな考えだと崩れちゃうから、そこをディフェンスラインは大事にしてほしいですね。

まあ、期待が高いってことです」

野村アナ「今野さんはどうですか?」

今野「これは、ちょっといただけないですね。確かに厳しいボールだったんですけど…。取られるのはしょうがないと思うんですけど、運がいい人はそれが失点に繋がらないんです。

持っている人って、ミスをしたところから相手がミスしてくれたり、ポストに当ててくれたりするんです。

だけどこれは決められちゃってるから。久保くんは気を引き締めないと」

【関連記事】売れっ子の影山優佳さん 「DAZNとABEMA、どっちが好き?」と聞かれて「最悪質問(笑)やばいよ、それ」

勝利の運を持っている選手は自分のミスが失点に繋がらないが、久保建英はそれがまだない…だから気を引き締めてミスをしないようにしなければいけない。

サッカーにはなぜかそのようなことがあると今野泰幸と内田篤人は話していた。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★