29日にUEFAチャンピオンズリーグのRBライプツィヒ戦が控えているマンチェスター・シティ。

両チームは昨季もラウンド16で対戦しているが、2戦合計8-1とシティが圧倒している。

特に7-0で圧勝した2ndレグは、アーリング・ハーランドが1人で5ゴールと大暴れした。

当時はライプツィヒでプレーしていたクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオルは、今季シティへ移籍。前日会見でハーランドがチームメイトになったことを聞かれるとこう話していた。

「彼がチームメイトになってくれて嬉しいよ(笑)

あれは大変な試合だった…。

CBとしてハーランドとの対戦を本当に楽しみにしていたんだ。でも、終わった時の気分はよくなかったね(笑)

彼は60分くらいで5ゴールを奪った。交代した時には『やっとか…』と思ったよ(笑)」

ハーランドは57分間で5ゴールを決めると、後半18分にお役御免となった。

【関連記事】欧州で「最も嫌われている」5つのサッカークラブ

対戦が楽しみだったというグヴァルディオルは、やっと交代してくれた…と感じたそう。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら