アル・ナスル対ペルセポリスのAFCチャンピオンズリーグが28日に行われた。

開始早々にクリスティアーノ・ロナウドがペナルティエリア内で倒れると中国人主審はPKを宣告。

だが、ロナウドは自らPKではないと主審に伝えると、VARでの確認を経て、PKの判定は取り消された(動画1分から)。

指を振ってPKではないと申告したロナウドのフェアプレーはポルトガルでも話題になっている。

ただ、アル・ナスルは前半15分すぎにDFが一発退場になった。

ロナウドは後半33分に交代するとロッカールームに直行。相手との接触で倒れるシーンもあったので、どこかを痛めたのかもしれない。

【関連記事】サウジ移籍を選んだことが「あまりに残念」な8名の選手たち

結局、試合は0-0のスコアレスドローで終了している。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら