2月10日まで行われていたアジアカップ2023で準決勝敗退に終わった韓国代表。ヨルダンを相手に0-2と完敗し、大会を去っている。

そして韓国のメディアが報じたところによれば、そのヨルダン戦の前夜に代表チームで大きなトラブルが発生していたという。

イ・ガンインを含めた数人の若手選手が夕食を早めに終わらせて卓球をしようと席を立ったところ、ソン・フンミンらベテラン組がチームでの食事を重要視するべきだと指摘したとのこと。

それをきっかけにソン・フンミンとイ・ガンインが激しい口論になったよう。そしてソン・フンミンがイ・ガンインの胸ぐらを掴んだところ、イ・ガンインが逆にパンチを放ったそうだ。

周りの選手やスタッフによって彼ら二人は引き剥がされたものの、このもみ合いによってソン・フンミンは右手の指を脱臼したという。

これが報じられて大きな問題となったが、今回それにイ・ガンインが反応。SNSで以下のように謝罪を行った。

「代表チームを応援してくれている全てのサッカーファンを失望させてしまった。本当に申し訳なく思う。先輩の言うことを聞くべきであったし、良い態度を示すことができなかったことを謝罪する。

僕に失望している多くの人々にも申し訳なく思う。ファンが選手としての僕にどれだけ関心を持ってくれているか、それはよく分かっている。

これからは先輩の選手たちをサポートし、よりよい選手に、よりよい人間になれるように努めていく」

日本代表、アジアカップで評価を下げてしまった5名の選手

ヨルダン戦の終了後にソン・フンミンが「代表チームで続けるかどうか考えなければならない」と国際試合からの引退をほのめかすようなコメントをしたことで大きな話題になったが、韓国の内部ではいろいろな難しい状況があったようだ。

なお、韓国では現在ユルゲン・クリンスマン代表監督が解任される可能性が高まっていると伝えられている。

【厳選Qoly】本日韓国戦!小久保玲央ブライアンはなぜベンフィカ「B」でもベンチ外なのか?現地の事情通は「退団の勧め」

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら