この冬に横浜F・マリノスからスイス1部のセルヴェットにレンタル移籍した西村拓真。

セルヴェットがメールを送り忘れる失態によって、西村ら新加入選手3人が出場できない状態になっていた。だが、セルヴェットはFWロニー・ロデリンを5部リーグに急遽レンタル移籍させ、西村の登録が可能に。

26日に行われた首位ヤング・ボーイズとの頂上決戦で西村は常本佳吾とともにスタメン起用された。

トップで起用された西村は前半7分にイエローカードを貰うも71分間プレー。チームは前半の得点を守り切って、1-0で勝利し、大きな勝点3を手にした。この結果、首位ヤング・ボーイズと2位セルヴェットとの勝点差は4ポイントに。現地メディアは「ヤング・ボーイズはセルヴェット戦で驚くほど明らかに負けていた。得点のチャンスはほとんどすべてセルヴェットにあった」と伝えている。

adidasと契約していないのに「日本代表の10番」をつけた8名

試合後、常本佳吾はInstagramのストーリーに西村らチームメイト3人との写真を投稿。フランス語で「すばらしい」と綴っており、勝利を喜び合っていたようだ。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら