この冬にシント=トロイデンからヘントに移籍したGKシュミット・ダニエル。32歳の彼は2027年までの契約を結んだ。

2027年には35歳になっているが、ステップアップを諦めていないようだ。クラブのオフィシャルマガジン『Wigwam』でこう話していたそう。

「(2027年に35歳になるが)年をとり過ぎてはいない。いまアンデルレヒトでプレーしているカスパー・シュマイケルは、その歳でプレミアリーグでプレーしていた。

ただ、現実的になりたい。プレミアリーグでプレーするのは自分を含めた多くの日本人にとっての夢。それがまだ実現可能なのかを見定めたい。

いまはこのクラブで自分のキャリアをさらにブーストさせることができるのは素晴らしいことだと思っている」

かつて岡崎慎司とともにレスターでプレーしたGKカスパー・シュマイケルは、37歳になった現在はベルギーのアンデルレヒトに所属している。レジェンドGKであるピーター・シュマイケルを父に持つ彼は、26歳で代表デビューするなどやや遅咲きだったが、そこから代表キャップ99を刻んでいる。

プレミアリーグを戦った日本人選手「ベスト5とワースト5」

シュミットはまだプレミア移籍を諦めていないそうで、日本代表での地位も取り戻したいと考えているとのこと。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら