世界各国で行われているインターナショナルマッチ。

メッシやロナウドのように10代で代表デビューする選手がいる一方、いまや日本代表のエースになった伊東純也や古橋亨梧のように20代中盤でデビューする選手もいる(2人の日本代表デビューは24歳)。

ここでは、彼らのように代表ではやや遅咲きだったスター達を取り上げてみる。

フィルヒル・ファンダイク(オランダ)

フィルヒル・ファンダイク

代表デビュー年齢、24歳と3か月2日(2015年10月)

いまやリヴァプールで世界最高のCBとして君臨する男。待望の代表デビューを果たしたのは、セルティックからサウサンプトンに移籍した2015年。

当時は「何度か招集されていたが、まだチャンスはなかった。プレミアリーグで強いプレーを見せて、代表で無視されない存在になれるかは自分次第」と話していた。

デビュー戦となったカザフスタンとのEURO予選に1-2で勝利した際、ダニー・ブリント監督は「素晴らしい仕事をした」と賞賛。だが、2試合目のチェコ戦に2-3で敗れるとチームの予選敗退が決定。

当時、『ESPN』は「オランダの守備は滅茶苦茶で、真のリーダーが現われる兆しはほとんどない。その証拠にファンダイクは間違いなくそのような男ではない」と批判していた。

なお、本人は遅咲きであることについて、「自分はブレイクが遅かったので、キャリアをさらに楽しめている。セルヒオ・ラモスと同じくらいのトロフィーは勝ち獲れないけれど問題ではないさ。遅咲きの若者たちのモチベーションにもなる。それを誇りに思う」と話している。