かつてレアル・マドリーやマンチェスター・シティなどでプレーした元ブラジル代表ロビーニョ。

ミラン時代の2013年にミラノのナイトクラブで5名の男性とともに性的暴行事件に関わった容疑で2017年に懲役9年を宣告された。控訴審も最高裁も一審判決を支持し、2022年1月に刑が確定。ただ、判決が下った際にイタリア国外にいたために刑は執行されていない。

イタリアはブラジルに対して身柄の引き渡しを求めたが、ブラジルでは憲法で国民の引き渡しを禁じている。そのため、2023年1月にイタリアはブラジルでの刑の執行を求める要請を行った。

2023年1月にブラジルの大統領に返り咲いたルーラ氏は、ロビーニョへの刑執行に前向きな姿勢を示したようだ。このほど、『SBT Brasil』でこう述べたという。

「性的暴行を犯した者は全員刑務所に入れなければいけない。人々は性行為は片方の当事者の欲望だけではないことを学ぶ必要がある。当事者の合意が問題だ。

金を持っている有名な若者が性的暴行?しかも集団で?彼は自分が犯罪を犯したとは思っていない。酒に酔っていたとでも?恥を知れ。

性的暴行は許されざる犯罪だ。だから、人々は裁かれ、判決を下されなければならない。ロビーニョはすでにイタリアで判決を受けており、ここで服役するべきだ。

彼は今月裁判を受ける。99パーセントのブラジル人青年たちよりも幸運で、大金を稼ぎ、有名になり、少女にこんなことをする必要がなかった若者になったという無責任さの代償を払ってもらいたい」

才能を浪費した10名の天才

現在、ロビーニョはサンパウロ州のサントスで暮らしているが、裁判官15人のうち大多数が賛成すれば、ブラジルで懲役刑に服する可能性がある。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名