トルコサッカー連盟(TFF)とキットサプライヤーのNikeは3月、欧州選手権(EURO2024)に向けたトルコ代表の新ユニフォームを発表した。同月開催された2つの親善試合から着用を開始している。

Turkey 2024 Nike Home

トルコ代表 2024 Nike ホーム ユニフォーム

2024新ホームユニフォームは、「現時点では」ホワイトを基調にレッドのボーダーを配したトルコ定番のデザイン。中心にチームエンブレムではなく、トルコ国旗の“三日月と星”とスウッシュ(Nikeロゴ)を縦並びに配置する。

トルコは前回大会(EURO2020)前に発表したユニフォームで、開幕直前にホームとアウェイの「色の入れ替えを」実施し、ホワイトのホームがアウェイへと変わった。

変更の理由はレッドのユニフォームの“縁起の良さ”にあったのかもしれないが、だとすれば今回も同様の入れ替えが発生する可能性は決してゼロではないだろう。

新ホームユニフォームは3月22日、敵地で行われたハンガリーとの親善試合でデビュー(試合は0-1で敗戦)。ユニフォームは基本的に上から「白-白-赤」の組み合わせとなるが、このハンガリー戦ではアウェイ用のパンツを着用となった。

Turkey 2024 Nike Away

トルコ代表 2024 Nike アウェイ ユニフォーム

新アウェイユニフォームはトルコ鉄板デザインのレッド一色に。ただし前述のように、こちらがホームに“出世”する可能性もあるだろう。

レッドのユニフォームは、トルコ史上最高の3位を獲得した2002年日韓W杯での躍進を象徴する色。そのW杯でも当初はアウェイとして発表されたが、大会が始まるとホームとして使われた。

2002年のチームは今やトルコサッカー界の伝説的な存在。ある意味で縁起の良い色にあやかり、ホームとして使いたいという気持ちは理解できなくもない。

こんなトリビアが!トルコ代表、きっと誰も知らないユニフォーム“こぼれ話”「adidasとNIKEしか知らない」「日韓W杯神話説」

新アウェイユニフォームは3月26日に行われたオーストリアとの親善試合でデビュー。基本スタイルの全身レッド一色で登場となった。なお、敵地での一戦は1-6で大敗を喫している。

欧州選手権は3大会連続6回目の出場となるトルコ。ドイツを舞台に行われるEURO2024ではグループFに所属し、ジョージア、ポルトガル、チェコと対戦する。

現在では世界的にレアで懐かしい新品ユニフォームが揃う「Qoly × LFB Vintage」。懐かしいユニフォームやグッズは見るだけでも楽しいです。

【Qoly × LFB Vintageはこちらです】

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら