U-23日本代表は22日、U23アジアカップのグループステージ最終戦で韓国と対戦し、0-1で敗戦。グルージャ2位での準々決勝進出が決まった。

ともにグループステージ突破を決めた第2戦から中2日。次の準々決勝が五輪出場をかけた大一番となるだけに、日本も韓国もメンバーを大きく入れ替えてきた。

日本はGKが今大会初出場の野澤大志ブランドン。DFは右から半田陸、鈴木海音、高井幸太、そしてこの試合キャプテンマークを巻いた内野貴史。

中盤の底に川﨑颯太が立ち、右のインサイドハーフ気味に田中聡、左のトップ下気味に荒木遼太郎、サイドは右に藤尾翔太、左に平河悠が入り、1トップは大学生の内野航太郎となった。

韓国は日本対策として、守備時に5-4-1のブロックを敷き、ロングボールを主体にカウンターを狙うスタイル。日本は序盤こそ左サイドから平河が何度かエリア内に侵入するが、中に合わせることができなかった。

お互い無理をする状況ではないため、とくに日本は縦パスを入れるタイミングに慎重な姿勢が目立ち、前半をスコアレスで終える。

後半に入ると両チームの選手交代とともにゲームが動き始め、迎えた75分、右のコーナーキックをファーサイドでフリーとなっていたキム・ミヌが叩き込み韓国が先制。

その後、日本にも決定的なチャンスが何度か訪れたものの、途中出場の細谷真大や佐藤恵允が決めることができず。韓国に敗れ2位通過となった日本は、25日(木)の準々決勝で開催国カタールと対戦する。

U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

AFC U23アジアカップ カタール2024
準々決勝
カタール vs 日本
日時:4月25日(木)23時00分キックオフ
配信:DAZNにてライブ配信

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」