今季限りでPSGを退団することを発表したフランス代表FWキリアン・エムバペ。

『Le Parisien』によれば、パリ8区にあるイタリアンレストランで250人を招待したお別れパーティーを開催したそう。

エマニュエル・マクロン大統領も招待者リストに含まれていたが、最終的には欠席したとのこと。

また、PSGのナースル・アル・ハライフィ会長も姿を見せず。エムバペと会長はホーム最終戦前に激しく衝突したばかりで、「姿を見せなくても驚きではなかった」と同紙は伝えている。

最悪の形でチームを去った「喧嘩別れ移籍」7選

PSGは25日に行われるリヨンとのクプ・ドゥ・フランス決勝が今季最終戦。エムバペにとってはPSGでのラストゲームになる。

【厳選Qoly】炎が復活!日本代表、2024新ユニフォームを発表 「ヨウジヤマモト×adidas」のY-3と歴史的なコラボが実現