2022年からオランダのスパルタでプレーしてきた斉藤光毅。

22歳のアタッカーは、ベルギーのロンメルが保有しており、この夏でスパルタへのレンタル移籍期間が終わる。

『RTV Rijnmond』などによれば、PSVが斉藤の獲得に向けて、シティフットボールグループに最初のオファーを提示したという。ロンメルはシティフットボールグループ(CFG)の一員。

PSVは今季のエールディビジで優勝しており、来季のUEFAチャンピオンズリーグに出場する。

斉藤の契約は2025年6月末までとなっており、シティフットボールグループは数百万ユーロ程度の移籍金を要求しうるという。

シティに所属していたことが「忘れられている」10名のスター

Transfermarktによる斉藤の市場価値は300万ユーロ(5.1億円)だが、最低でも200万ユーロ(3.4億円)以上で売却する方針ということだろうか。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」