イングランド・プレミアリーグで今季19得点をあげたボーンマスのFWドミニク・ソランケ。

チェルシーのアカデミーで育ち、2017年から2019年にかけてリヴァプールでもプレーした26歳の点取り屋は、プレミアの得点ランキング4位タイに入る大躍進を遂げた。

この夏の動向が注目されるソランケだが、長いシーズンの疲れを癒すため、現在来日している。

というのも、ソランケは大のアニメ好きとして有名。19ゴール目を決めた5月11日のブレントフォード戦では、『NARUTO』に登場するキャラクター「トビ」の仮面をつけたセレブレーションを披露した。

Instagramの最新投稿でも「どのセレブレーションが良かった?」と、『呪術廻戦』や『ワンピース』などのアニメを模した9つのセレブレーションを見せつける始末で、愛すべき日本贔屓ストライカーとしてプレミアの舞台で暴れまわっている。

そんなソランケの来日は今のところ彼のストーリーで紹介されており、新宿や秋葉原、昨晩は横浜の大黒パーキングエリアをサウサンプトンDFカイル・ウォーカー=ピータースとともに訪れた様子を投稿。

「日本と恋に落ちた!」日本を満喫する姿が最高だったスター選手たち

本日も先ほど「魚べい」で食事をしているとみられる動画をアップしていたソランケ。束の間のオフに日本を満喫しているようだ。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名