グループステージの戦いが佳境を迎えつつあるEURO2024。

23日にはグループAのスコットランド対ハンガリー戦が行われた。

この試合ではハンガリーFWバルナバス・ヴァルガが相手GKとの接触で負傷交代となるアクシデントが発生。

ヴァルガが意識を失うショッキングなアクシデントにチームメイトたちは涙していたが、その負傷シーンのリプレイを放送した『BBC』が謝罪する事態になった。

『BBC』はSNSで叩かれることになり、試合後に司会者が謝罪している。

「私たちは彼に思いを寄せています。あの事故がリプレイされた際、私たちも皆さんと同じようにショックを受けました。

3年前にクリスティアン・エリクセンが倒れて以来、こういったことにはプロトコルがあります。

UEFAがあのリプレイを流すことを選んだことに私たちはとても驚きました。だからこそ、すぐにワイドアングルに切り替えました」

リプレイ映像を流したのはUEFAの決定だったと釈明。なお、デンマーク代表のエリクセンは、2021年のEUROで心停止を起こして倒れた(その後復帰して今大会にも出場)。

EURO2024を「怪我で欠場した最強ベストイレブン」

ハンガリーはヴァルガの状態は安定しており、搬送先の病院に入院したと発表している(試合は1-0でハンガリーが勝利)。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名