明日、乾貴士が所属するエイバル対バルセロナの一戦がカンプ・ノウで行われる。

それを前にバルセロナが乾についてのインタビューを公式HPで配信していた。

乾について、フランクフルトからバスクにやってきたこの日本人MFはクラブ史上最も高額で獲得された、と紹介。また、Takaという愛称についても伝えられていた。そのインタビュー内容を見てみよう。

ーカンプ・ノウを訪れることに興奮していますか?

「これまではテレビでしか見たことがありませんでした。ただその名前を言うだけでも畏怖の念を感じさせます。その日、ピッチに出てプレーすることが待ちきれません。リーガのほとんどチームはここでプレーするのが厳しいと分かっています。特に(自分のような?)攻撃的な選手は用心しなければなりません。難しい試合になるでしょう。でも常にチャンスはあるものです。もしたった一度きりのチャンスでも、僕らはそれを掴もうとしますよ。出来ること全てをやります」

ー特に対戦するのが楽しみな選手はいますか?

「自分のポジション柄、ダニ・アウヴェスと対峙することになると思います。以前、日本で彼と対戦したことがあるんです。彼はおそらく世界で最高の右サイドバックであり、素晴らしい選手です。でも、打ち負かしたいですし、ベストを尽くします。ネイマールのことも大好きですよ」

ーアウヴェスとネイマールがバルサにおいてお気に入りの選手ですか?

「それから、メッシとイニエスタも。彼らのビデオをたくさん見ました。特にイニエスタを。自分の試合で彼の動きをたくさんベースにしていますし、彼のプレーを見るのが大好きなんです」

ーメッシはこの試合にいません。おそらくイニエスタも。エイバルのチームメイトであるダニ・ガルシアは、メッシがいなければ勝つチャンスは増すと会見で言いました。あなたもそう思いますか?

「もちろん僕らはカンプ・ノウで勝つことができます。僕らはいる場所にいます(?)。選手はたくさん走りますし、誰もさぼらないですから。お互いに助け合い、とても真剣に練習に取り組んでいます。やりますよ、僕らが驚きを起こせないかどうかは誰にも分かりませんから」