先日、ドルトムントのBチームに所属する丸岡満が代表ウィーク期間中に2ゴールを決めた話題をお届けしたが、同じ4部リーグ(州は別)のインゴルシュタットでプレーする元U-19日本代表MF渡邊凌磨も15日の試合に先発フル出場し、2点目のゴールを決めた。

1点リードで迎えた60分、中央でボールを受け、右サイドに展開した渡邊は折り返しを左足で狙う。

このシュートはGKに弾かれたが、再度、味方からの折り返しを…

華麗な切り返しから左足でゴール!リーグ戦で首位に立つヤーン・レーゲンスブルク相手に高度なスキルを見せ付けた(3:06~には決定機を演出している)。

渡邊は9月9日にインゴルシュタットのU-23チームに加入し、2日後にデビュー9分で初ゴールを決めた。その後、先発と途中出場を繰り返すなかでゴールを奪えないでいたが、約2か月ぶりの2点目でチームの勝利に貢献している。

ただ渡邊は続く21日のシュヴァインフルト戦でイエローカードを2枚貰いプロ生活初の退場処分を受けている。