ラ・リーガ第21節、バルセロナはマラガを2-1で下した。

敵地エスタディオ・ラ・ロサレーダに乗り込んだバルサの決勝点を決めたのは、リオネル・メッシだった。試合終了直後、そのメッシにこんな出来事があった。

ピッチ上でメッシに抱き着いた1人の少年。すぐに警備員に引きはがされたものの、メッシは少年がおねだりしていたユニフォームをその場で脱ぐとプレゼントしていた。

ピッチへの侵入は褒められたものではないが、メッシのこの大人な振る舞いは現地でも話題になっていた。