多くの秀英を輩出してきたドイツの名門レヴァークーゼン。

ここでは、『talkSPORT』による「もしレヴァークーゼンが最高の選手を売らなかった場合のベストイレブン」を見てみる(現役選手に限定した3-4-3システムでの選出)。

GK:ベルント・レーノ(現アーセナル)

ベルント・レーノ(現アーセナル)

レヴァークーゼン所属期間:2001~2018

当初はシュトゥットガルトからのローンで加入したが、最初の3試合全てでクリーンシートを達成して話題に。完全移籍すると、守護神の座とドイツ代表入りを掴み取った。