来月に新シーズンが開幕するアルゼンチン1部リーグ。それを前に恒例のプレシーズントーナメントである『Torneos de Verano』が開催中だ。

マル・デル・プラタのエスタディオ・ホセ・マリア・ミネージャでは、ボカ対リーベルのスーペル・クラシコが行われたのだが…。

やはりと言うべきか、いつも通り大荒れの展開となったようだ。『Soccerway』のスコアシートを見てみると…。

ボカが3人、リーベルが2人、合計5人が退場になっている…。また、協会公式HPによれば、両チーム合わせたファウル数は41(ボカ側が26)にもなったそうだ。

なお、試合はレオナルド・ピスクリチのPKで、リーベルが1-0で勝利している。リーベルのウルグアイ人FWロドリゴ・モラは「フレンドリーマッチだろうが、スーペルクラシコは勝たなきゃならないんだよ」と言い放っていた。