『Soccernet』は、「KASオイペンに所属しているヘンリー・オニェクルは、アーセナルへの移籍を熱望した」と報じた。

ヘンリー・チュクウェメカ・オニェクルは1997年生まれの19歳。カタールに本部を置くアスパイア・アカデミーで育成された経験を持つアタッカーだ。

2015年にカタール資本のクラブであるベルギー2部のオイペンに加入し、初年度から6ゴールを決め昇格に貢献。今季は1部でも活躍を見せ、注目を集めている。

彼は『SunSports』のインタビューに対して以下のように答え、アーセナルへの移籍を熱望していると語った。

ヘンリー・オニェクル

「僕はいつかチャンピオンズリーグでプレーできるだけのレベルを持っていると信じているよ。

ウィルフレッド・エンディディに何が起こったかを見てくれよ。僕たちは同じ地域からやってきて、良く会っている友人なんだ。

彼がレスター・シティへ移籍したことは、僕にとって一つの例になる。プレミアリーグは僕が夢見る場所であり、できればアーセナルに行きたい」

「サッカーは放課後の遊びだった。友人とともに、プレミアリーグを毎週見ていた。

僕はアーセナルの熱烈なファンだ。ティエリ・アンリはアイドルなんだ。今僕はプロサッカー選手になった。可能な限り彼をコピーしたいんだよ。

子供の頃に見た試合を振り返ったり、Youtubeで彼のビデオを見たりする。アンリがどんなことをしていたかを目にするためにね」