今年の10月、U-17ワールドカップに出場予定の日本代表。

森山佳郎監督率いるチームは強化を目的に、ロシアで開催されている「第24回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント」に出場している。

22日(火)、日本はその初戦でロシアと対戦。決勝ゴールをあげたのはやはりあの男だった!

※映像はロシアサッカー連合の公式サイトから。該当シーンは01:20から
※読み込みに多少時間がかかります

50分、日本は福岡慎平(京都サンガU-18)から中村敬斗(三菱養和ユース)へとボールを繋ぎ、久保建英が前を向いて仕掛ける。するとペナルティエリアの少し外側から左足を振り抜き、これがファーサイドに決まった!

左利きということもあり、シュートのイメージはやはりあのリオネル・メッシを彷彿とさせる。近年ではこうした決定力をメキメキと上げている印象だ。

なお、日本は1-0で勝利。久保は先発フル出場を果たし、チームの勝利に大きく貢献した。

日本はこの後ハンガリー、アメリカとそれぞれ対戦する。