昨シーズン限りでドイツを離れ、今季からはアメリカに活躍の場を移した永里優季。

アメリカ女子1部ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ(NWSL)のシカゴ・レッドスターズでプレーしているが、このほど嬉しい初ゴールを記録した。

3日(日)に行われたノース・カロライナ・カレッジ戦、後半スタートから出場すると…

直後の52分、味方選手のボール奪取からクリステン・プレスがボールを持ち運ぶと、ペナルティエリア内でパスするとフリーになっていた永里がこれをしっかりと決め、同点ゴールをあげた。

新チームで定位置を確保できていない永里。

しかし、20日(日)に行われたカンザス・シティ戦で初スタメンを飾るなど徐々に頭角を現しており、ノース・カロライナ・カレッジ戦では初ゴールを記録するだけでなく、84分にジュリー・エリツのゴールをお膳立てしている。

試合後、永里はTwitterに「素晴らしい勝利であり、重要な勝点3だ。すべての人がチーム勝利に多くの幸運を運んでくれた。みんなありがとう」と英語で綴った。