週末の夜に衝撃を与えた柴崎岳のヘタフェ移籍後初ゴール。

試合は後半、柴崎が負傷交代したこともあり残念ながら敗れてしまったが、バルサ相手に記録したスーパーゴールの反響は大きく、世界の各メディアでも報じられた。

さらにリーガ公式のSNSは、17日になってこんな画像をアップロード!

LaLigaさん(@laliga)がシェアした投稿 -

これは完全に「悟空」だ!

柴崎の本名でユニネームにも使用されている「GAKU」が悟空のスペル「GOKU」に似ていることから、海外のサッカーファンの間でしばしばジョークとして使われていたこのネタ。

今回、リーガ公式は「レアル、バルサとの公式戦でゴールを記録した最初の日本人」として柴崎を伝えるにあたり、ドラゴンボール風にして紹介したというわけだ。

ただよく見ると、柴崎から発せられる“気”は金色ながら髪の毛は黒いまま。サッカー選手として「スーパーサイヤ人化」するのはまだまだこれからということだろうか。