2010年6月11日の開幕まで約3ヶ月。各国はワールドカップへ向けて、ギリギリまでチームの強化・調整を続けている。その一貫として、残りわずかとなった国際Aマッチは費やされる。Qolyではワールドカップへ向けた各国の状況をAマッチの結果を中心にリポートしていく。

まずは3月3日の行われた試合の中からコートジボワールと韓国の一戦をピックアップ。

COTE D'IVOIRE
0
0-1
0-1
2
KOREA REPUBLIC
得点者
4'
90'
イ・ドング
カク・テヒ

選手交代
58' ファエ ← B・コネ
69' サノゴ ← ディンダヌ
82' ゾロ ← メイテ
84' ドゥンビア ← A・ケイタ

選手交代
46' キム・ナミル ← イ・ドング
46' アン・ジョンファン ← イ・グノ
62' カク・テヒ ← イ・ジョンス
78' キム・ジェソン ← キ・ソンヨン

アジアの虎はコートジボワールを一蹴した。本大会まで残り100日を切ったというにも関わらず、未だに代表監督が決まらずに苦悩する“エレファンツ”が相手とはいえ、完成度の高さは注目に値した。チームの主軸はマンチェスター・ユナイテッドで好調を維持するパク・チソン。そして、モナコで10番を背負い、怪我明けでこの試合を欠場したパク・チュヨンの存在も見逃せない。欧州で活躍する選手も多いが、この試合では“レジェンド”と言って過言ではないアン・ジョンファンが久々の代表復帰を果たしている。仮想ナイジェリアであるコートジボワールを一蹴した事実は、グループリーグ突破へ向けて視界良好と言えよう。

対するコートジボワールはネイションズカップから迷走を続けている。世界最高峰のストライカーであるディディエ・ドログバなどタレントは4年前と同様に高いクオリティを有するも、チームとしての完成度はいまいち。ブラジル、ポルトガル、北朝鮮と同居する死のグループを突破するために残された時間は少ない。監督交代はカンフル剤となるか?

続いては、仮想チリを目論むスイスと、仮想フランスを目論むウルグアイの一戦。

SWITZERLAND
0
0-1
0-1
2
URUGUAY
インラー 29'


得点者
35'
49'
87'
フォルラン
スアレス
カバーニ

選手交代
46' フォン・ベルゲン ← ロッシーニ
46' シュビヒャー ←ツィークラー
46' シャキリ ← キウミエント
46' バルネッタ ← シャキリ
46' ブニャク ← シュトレラー
46' G・フェルナンデス ← ベーラミ

選手交代
46' アブレウ ← フォルラン
46' ロデイロ ← J・マルティネス
62' リオス ←ガルガーノ
62' カバーニ ← スアレス
82' S・フェルナンデス ← J・マルティネス

共に新たな戦力の見極めを行いながらの戦いとなったが、ウルグアイが地力を見せ付けた格好となった。キャプテンを任されたインラーがPKで先制するも、前半戦から崩壊していた守備組織は失点に失点を重ね、気が付いてみると3失点。組織力で戦わざるを得ないスイスとしては、本大会に向けて不安が残る結果となった。