現在、中国でプレーする28歳のジェリー・パラシオスは5人兄弟の次男で、既に登録されている三男ウィルソン、四男ジョニー・パラシオスのお兄さん。大柄な体格で登録はFWだが下がり目や中盤のサイドでもプレー出来る。選出はされていないが長男ミルトンも元代表選手のセンターバックで、2009年に誘拐の末殺害された五男エドウィンもサッカーをしていたという正真正銘のサッカー一家。兄弟が皆、別のポジションというのも珍しい(ウィルソンはセンターハーフ、ジョニーは右サイドバック)。

国際経験豊富で10番を背負う"ランボ"・レオンの離脱は大きな痛手だが、3兄弟が揃うのはW杯史上初の出来事。メキシコでは選出の段階でドス・サントス兄弟が引き裂かれ、最近ではドイツとガーナに別れたボーテング兄弟の仲違いも報道されているが、こちらは兄弟が結束して不調のチームを救いたいところだ。