17日、ロシア・プレミアリーグのアムカルは、FW巻との契約をクラブと選手双方の合意により解消したと発表した。

アムカルは昨季14位でプレミアリーグ残留を果たしたものの、シーズンオフに財政面の問題から2部への自主降格を表明。しかし、その後財政状況が改善され、2011-12シーズンのプレミアリーグ参戦を正式に認められたばかりだった。

巻は昨年7月にジェフ千葉からアムカルへ移籍。背番号9を与えられ不振脱却の救世主として期待されたが、なかなか結果を出せず。一方、巻の後に加入したマケドニア代表のリスティッチはリーグ終盤の大事な時期に3試合連続ゴールを記録。今年に入ってからの練習試合でも好調で、巻のアムカルでの立場は微妙なものとなっていた。

(筆:Qoly編集部 O)

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名