2月26日のパレルモ対ウディネーゼの試合では、ウディネーゼが7得点をあげて快勝した。ウディネーゼはサンチェスが4得点、ディ・ナターレがハットトリックを達成した。パレルモのバチノヴィッチ、ダルミアンの2名が退場したとはいえ、年明けから無敗をキープするウディネーゼの好調ぶりがうかがえる試合となった。ディ・ナターレは今季21ゴール目で得点ランキング首位に浮上。サンチェスは今季11ゴール目で得点ランキング7位に浮上した。

イタリアでは1試合2得点をドッピエッタ(Doppietta)、1試合3得点をトリプレッタ(Tripletta)、1試合4得点をクアテールナ(Quaterna)という。トリプレッタは時折達成されるが、クアテールナは殆ど見かける事がないので記録を掘り起こしてみた。

なお、近年セリエAでクアテールナを達成したのは以下の選手たちである。

名前国籍所属スコアシーズン
マルコ・ファン・バステン オランダ ミラン ナポリ 1-5 ミラン 1992-1993
ロベルト・バッジョ イタリア ユヴェントス ユヴェントス 5-1 ウディネーゼ 1992-1993
ピエルルイジ・カジラギ イタリア ラツィオ ラツィオ 8-2 フィオレンティーナ 1994-1995
デヤン・サヴィチェヴィッチ モンテネグロ ミラン バーリ 3-5 ミラン 1994-1995
マルセロ・オテロ ウルグアイ ヴィチェンツァ フィオレンティーナ 2-4ヴィチェンツァ 1996-1997
マルコ・ディ・ヴァイオ イタリア パルマ パルマ 4-0 バーリ 2000-2001
ヴィンチェンツォ・モンテッラ イタリア ローマ ローマ 5-1 ラツィオ 2001-2002
クリスティアン・ヴィエリ イタリア インテル インテル 4-0 ブレッシャ 2002-2003
アルベルト・ジラルディーノ イタリア パルマ パルマ 4-3ウディネーゼ 2002-2003
アルベルト・ジラルディーノ イタリア パルマ パルマ 6-4 リヴォルノ 2004-2005
クリスティアーノ・ルカレッリ イタリア リヴォルノ
ニコラ・ポッツィ イタリア エンポリ エンポリ 4-1 カリアリ 2003-2004

表が示す様に、ジラルディーノが2度のクアテールナを達成しており、2004-2005シーズンにおいては1試合にジラルディーノ、ルカレッリの2名がクアテールナを達成している。そして、ローマの新監督に就任したモンテッラは、ラツィオとのローマ・デルビーで達成している。その他の達成者もいずれも代表クラスの大物選手達。サンチェスはここにその名を刻む事となった。

調査した所によるとセリエAの最多得点記録は1試合6ゴール。1933年、プロ・ヴェルチェッリ所属のシルヴィオ・ピオラがフィオレンティーナ相手に決めたもののようだ。なお、ピオラはイタリア代表として1938年のワールドカップで5ゴールを奪い優勝に貢献した名選手である。

また、セリエAで5ゴール(Cinquina)を奪った選手は、元イタリア代表のロベルト・プルッツォ。1985-1986シーズン、ローマ対アヴェッリーノの試合で達成しているプルッツォはジェノアやローマで活躍した選手である。ローマ時代に決めた106ゴールは、2004-2005シーズンにトッティに抜かれるまでは、ローマの歴代No.1ゴール数であった。

なお、チャンピオンズリーグにおいては1試合4得点が最高記録となっている。記録達成者は、以下の6名。

名前国籍所属スコアシーズン
マルコ・ファン・バステン オランダ ミラン ミランツꀀ4-0ツꀀIFKイエーテボリ 1992-1993
シモーネ・インザーギ イタリア ラツィオ ラツィオツꀀ5-1マルセイユ 1999-2000
ダド・プルショ クロアチア ASモナコ ASモナコツꀀ8-3ツꀀラ・コルーニャ 2003-2004
アンドリー・シェフチェンコ ウクライナ ミラン フェネルバフチェツꀀ0-4ツꀀミラン 2005-2006
ルート・ファン・ニステルローイ オランダ マンチェスター・U マンチェスター・Uツꀀ4-1ツꀀスパルタ・プラハ 2004-2005
リオネル・メッシ アルゼンチン バルセロナ バルセロナ 4-1 アーセナル 2009-2010

記憶に新しいのは、昨季メッシがアーセナル戦で達成した4ゴール。シモーネ・インザーギの4ゴールも彼の代名詞となった記録だ。ファン・バステン、シェフチェンコはミランのエースたる圧巻の4ゴール。シェフチェンコに関しては動画を見ればわかる様に、ゴールシーン以外にも数多くのチャンスを迎えていた。

もっとも偉大な4ゴーラーは、最初に達成したファン・バステンで間違いない。現行のチャンピオンズリーグ形式となる前、1992年のチャンピオンズカップ時代に達成。対戦相手はIFKヨーテボリだった。また、直前のナポリ戦でも4ゴールを奪うなど、世界最高のストライカーの名に恥じない活躍だった。最初の達成者というだけではなく、CLが拡大される前、本当の意味で前年度のリーグ優勝クラブのみが集結していた時代の記録でもあり、永遠に語り継がれる事だろう。

なお、ワールドカップでの記録は1994年のアメリカ大会でロシアのオレグ・サレンコが奪った1試合5ゴールが最多で、グループリーグ3戦目のカメルーン戦で記録している。その後のサレンコは鳴かず飛ばずであったが、偉大な記録と共に彼の名はワールドカップの歴史に刻まれている。

【パレルモ 0-7 ウディネーゼ】

【ジラルディーノとルカレッリの4ゴール】

【モンテッラの4ゴール】

【ポッツィの4ゴール】

【シモーネ・インザーギの4ゴール】

【プルショの4ゴール】

【シェフチェンコの4ゴール】

【メッシの4ゴール】

【サレンコの5ゴール】

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら