4月5日に行われるアジアチャンピオンズリーグ・グループリーグ第3節、セレッソ大阪(日本)対全北現代モータース(韓国)の試合に向けて、両チームが会見に臨んでいる。


レヴィ・クルピ監督(セレッソ大阪)

(山東に2-0と完敗したことについて?)

「勝利のためには良いきっかけだ。我々が十分な公式戦を戦えていないことは事実だ。レギュラーの選手が4人も替わったから、できる限り多くプレーをしたい。ただ、先週よりは良いトレーニングが出来ている。練習試合も行った。良いプレーが出来ると思う。強い精神力を持って戦うことが大事だ。勝利のために最大限のパフォーマンスを見せる必要がある」
「全北は韓国のトップチームの一つであり、豊富な経験を持っている。お互いに攻撃的でアグレッシブな試合が見られるだろう」


チェ・ガンヒ監督(全北現代モータース)

「我々にとってとても大事な試合だ。勝利を収めればグループリーグ突破に大きく近づくだろう。去年は厳しいスケジュールの中で選手たちがコンディションを保つことが出来ず、準々決勝で敗れてしまった。それを繰り返したくはないな」

(セレッソが公式戦を戦っていないことについて)

「私自身数ヶ月の休みの後で試合に望んだことがあるが、問題はなかった。質の高い選手を揃えている場合、それはあまり影響しないのではないかな」
「キム・ボギョン、キム・ジンヒョンは非常に良い選手だと思う。しかし、我々はチーム全員で勝利を目指して戦うのみだ」