少し前になってしまったが、2010-11シーズンのプレミアリーグ、ユニフォーム売上トップ10が発表され、マンチェスター・ユナイテッドのウェイン・ルーニーが2年連続トップのフェルナンド・トーレスを抜き、初の1位に輝いた。


1位: ウェイン・ルーニー(マンU)  ↑3位

2位: フェルナンド・トーレス(チェルシー)  ↓1位

3位: スティーヴン・ジェラード(リヴァプール)  ↓2位

4位: チチャリート(マンU)  ★新

5位: ロビン・ファン・ペルシー(アーセナル)  ☆再

6位: フランク・ランパード(チェルシー)  →

7位: ディディエ・ドログバ(チェルシー)  →

8位: ルイス・スアレス(リヴァプール)  ★新

9位: アンドレイ・アルシャヴィン(アーセナル)  ↓5位

10位: ライアン・ギッグス(マンU)  ★新


逆にトップ10から外れたのは、セスク(昨年4位)、オーウェン(同8位)、キャラガー(同9位)、テベス(同10位)となっている。


次にトップを争うのはこの二人?



なお、ルーニー自身はといえばその頃、息子のカイ君に自分のものではなく、エヴァートンのユニフォームを着せていた。


エヴァトニアンへの“英才教育”がスタート。

(筆:Qoly編集部 O)

大人気カテゴリー!
ゴールドカップ2011UEFA Under21 Championship