数ヶ月前からチェルシーへの移籍が取り沙汰されてきた、ベルギーの怪物、ロメル・ルカクだが、話は順調に進展しているようだ。ルカクは『Het Laatse Nieuws』のインタビューに応じ、現在の状況を明らかにした。

「今、僕は平然とした気持ちで電話を待っているよ。『チェルシーとアンデルレヒトの話し合いが無事に終わった』という話がくるまでね」

「もし、今よりももっと優れたプレーヤーに囲まれる環境に身を置けば、すぐにそのレベルに合わせて、チームにフィットできる自信は持っているよ」

「欧州のトップチームで加入早々からプレー出来るとは思っていないけど、あの環境が僕を強くしてくれると思うんだ。出来れば、シーズンが始まる前に、順応するための時間が欲しいな」

「ただ、ビッグクラブでは何だって起こる。彼ら(ポジション争いが予想されるドログバ、トーレス)が移籍する可能性だってある。その時は僕の力が求められるかもしれない。そういうチャンスが来るのを待つだけさ」

(筆:Qoly編集部 T)

大人気カテゴリー!
コパ・アメリカ2011ゴールドカップ2011