ノルウェーの女子サッカークラブRoa Dynamite Girlsが驚きの行動に出た。選手とのデート権をオークションサイトQXLで売りに出したのだ。

オークションはすでに締め切られていて、10選手のうち一番高額な値がついたのはLene Mykjalandで2万5百ノルウェー・クローネ(約28万円)。※画像ではkr.20.000


【Roa Dynamite Girlsの面々】

【オークションサイトQXL】


ノルウェー代表FWである24歳のLeneはオスロにある高級レストランでのディナーよりも高額な料金を払う人がいることに驚きと喜びを隠し切れない。

「(高級レストランではなく)こっちを選んだことは驚きです。(オークション額が)ゼロのままの可能性もあったので、ほとんど期待していませんでした。希望だけは持っていたけど」

- 最高額がついたのは嬉しい?

「ほんとに嬉しい!より多くの人がオークションに参加して、より高い値段がつくことを願ってました」

また、Leneは「このお金はクラブの収益になるので、高い値をつけてくれたことは素晴らしいこと」、デートについては「相手が理想の男性かどうかや恋愛は期待していない」と笑いながら話した。

-どんなデートを予想してる?

「いい食事に行きたい。(相手が)オークションに参加したのはクラブ(の収入になること)を考えてのことだと思うので、フットボールについても少し話せるかな」

-(相手は)高額な料金を支払っているので、デートを成功させなければならない責任を感じる?

「いいえ、まったく。大事なのは相手がレストランを選ぶこととちゃんとデートが成立すること」


Lene Mykjaland


10選手全員の入札額は合計で7万3千ノルウェー・クローネ(約101万円)にも上り、この驚きの試みは多くのメディアに取り上げられた。

今年初め賃金カットに同意していたコーチ陣と選手たちはオークションのおかげでわずかながら補填を受けられるようで、選手たちは収入の一部でトルコでのトレーニングキャンプ開催も提案しているという。

クラブの取締役員であるJoachim Westh Andersenは

「(オークションが盛り上がったのは)本当によかったです。7万3千ノルウェー・クローネは選手やクラブに多くのことをもたらします。(このオークションでクラブが)注目を集めたのも喜ぶべきことです。これで我がクラブを知ったスポンサーがいればいいですね」

と語り、デートオークションをこれからも続けるのかという問いに対しては「間違いなく今回限りです(笑)。毎月やるものでも毎年やるものでもありませんよ」と否定した。また、今回の試みの経緯について「彼女たちの行いは賞賛に値します。我々はクラブの経営に奮闘していて、選手たちからデート権のオークションについて申し出があったんです」は話した。


一番高額な20,500ノルウェー・クローネをつけた人物は地元紙のインタビューは断ったものの、クラブの苦しい経営状況を手助けすることが一番重要だと語ったそうだ。