2月8日にガーナとの大一番を控えているザンビア。代表監督を務めているフランス人指揮官エルヴェ・ルナールはAFP通信のインタビューに対し、意気込みを語った。

ツꀀ

renard

世界有数のイケメン監督Herve Renard

「いまだかつてないほどのプレッシャーを受けている。我々は決勝に進出するという夢を見ることが出来ている。ガーナは優勝候補の筆頭だが、彼らと戦うために準備をしなければならない」

「もしリーブルヴィルでトロフィーを掲げられたなら……素晴らしいことだ。かつて究極の悲劇を生んだこの地を、愛してもらうための重要な切っ掛けになるんじゃないかな」

(※1993年、セネガルとのワールドカップ予選のためにザンビア代表が搭乗した飛行機がガボン沖で墜落。18名の選手が死亡した)

「我々はスターがいるわけじゃない。しかし素晴らしいプレーヤーが揃っているよ。だから、トロフィーを獲得できるチャンスはあるはずだ」

ザンビアがガーナに挑むアフリカネイションズカップ準決勝は、2月8日現地時間17時(日本時間深夜1時)にキックオフを迎える。

(筆:Qoly編集部 K)

{module [170]}
{module [171]}

{module [173]}