怪我を負ってもその興味は継続?

右ひざに故障を負ったために手術を受け、ロンドン五輪、来季の序盤戦を欠場する見込みが濃厚となったイサーク・クエンカ。このアクシデントにより、予てより「獲得に関心を抱いている」と噂されていたアーセナルもその関心が薄れたように思われたが、『Sport』の報道によると、彼に対する興味は不変のようだ。

同メディアによると、アーセナルはバルセロナと既に接触を図っており、その中で「怪我から復帰後に交渉できる可能性があるか否か」を確認。新監督ティト・ビラノバも「彼の将来がより明るくなるのであれば」と放出を検討し始めていることから、話は前向きに進みつつあるとのことだ。

既にその技術は欧州のトップリーグで通用するレベルにあり、世界的な名手へ勇躍するポテンシャルを秘めるクエンカ。彼自身が思い描く未来はいかに。

(筆:Qoly編集部 T)

{module [170]}
{module [171]}
{module [186]}