このほど、Pumaはマンチェスター・シティのフランス代表DFガエル・クリシと契約を結んだと発表した。


クリシは長年に渡りUmbroのスパイクを着用してきたが、今シーズンに入り、Umbroのブラックアウトモデルやadidasの『Predator Lethal Zone』、そして、Pumaの『evoSPEED 1』を試着していた。 今回PUMAと正式に契約を交わしたことで、本日深夜(日本時間明日午前3時45分)のCL対ドルトムント戦で公式に『evoSPEED 1』を着用する予定になっている。

今回の契約締結についてクリシは「PUMAと新たな協力関係をスタートさせることができて嬉しい。刺激的なブランドだし、新しいスパイクの履き心地もとてもいいので、これを履いていいパフォーマンスをみせる自信がある。ヤヤ・トゥーレとセルヒオ・アグエロ、シティの2人のチームメイトも最近PUMAと契約していて、PUMAの一員になることにワクワクしているよ」とコメント。

一方、PUMAのスポーツマーケティング部門の責任者、クリスティアン・フォークト氏は「ガエルは野心的で毅然としたフットボーラーで、フットボール市場における私たちの地位を強固なものにしてくれるでしょう。彼と契約できて私たちは嬉しい」と話している。

(筆:Qoly編集部 I)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}