移籍の失敗組?

(現地時間)26日、イギリスの人気Webサイト『caughtoffside』は、「今夏のプレミアにおける移籍ワースト10」を発表。選考対象は、「金額に見合った活躍が出来ていない、期待にそぐわないパフォーマンスを見せているプレーヤー」のようだが、残念なことに、サウサンプトンに所属する日本代表DFの吉田麻也も選出された。

失点に絡んでしまったプレーがいくつもあったとはいえ、QPR戦では「彼は同じディフェンスラインのジョゼ・フォンテと良い関係を保ち、チームを助けていたよ」とナイジェル・アドキンス監督から名指しで評価されるなど、守備陣が崩壊中のセインツにおいてのなかなかの働きを見せているように思うが、同記事を作成したダン・キルパトリックはマイナス材料が目に付いた様子。

「24歳の日本代表DFは、驚くことにサウサンプトンの先発の座を守っているが、それはナイジェル・アドキンスが『彼のために250万ポンドを費やしたのは愚かだった』と認めたくないためだろう」と酷評している。

なお、同ライターが選出した10人は以下の通りだ。

順位名前(年齢)移籍金(£)POS所属クラブ今季のリーグ戦成績
1 マイケル・オーウェン(32) フリー FW ストーク 4試合
2 ロバート・グリーン(32) フリー GK QPR 3試合
3 スコット・シンクレア(23) 680万 MF マンチェスター・C 5試合1ゴール
4 ファビオ・ボリーニ(21) 1100万 FW リヴァプール 5試合
5 吉田麻也(24) 250万 DF サウサンプトン 10試合
6 アンディ・キャロル(23) 不明 FW ウェストハム(レ) 11試合1ゴール
7 ジャック・ロドウェル(21) 1200万 MF マンチェスター・C 5試合
8 ジュニア・ホイレット(22) フリー FW QPR 11試合2ゴール
9 アレクサンデル・ビュットネル(23) 不明 DF マンチェスター・U 1試合1ゴール1アシスト
10 クリント・デンプシー(29) 600万 FW トッテナム 10試合2ゴール2アシスト

(筆:Qoly編集部 T)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}

今週末はアーセナルvsトッテナムに三笘vs三好!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら