ガルフカップの不振により、カタールは再び指揮官交代

1月14日、レキップ紙は「カタール代表監督を務めていたパウロ・アウトゥオリ氏が退任することが決まった」と報じた。

契約期間は既に数週間しか残っていなかったが、自動的に延長されるオプションが付随していた。なお、彼の年俸は360万ユーロであり、世界16位、代表監督に限れば世界4位の額であった。

カタール代表チームは昨年8月にミロヴァン・ライェヴァツ前々監督を解任し、セバスチャン・ラザローニ氏を指揮官に迎えたが、成績不振のため11月に再び解任。その後就任したパウロ・アウトゥオリ監督は、ワールドカップ最終予選進出に成功し、本大会出場の可能性を残している。

しかし今月初めから行われているガルフカップで、1勝2敗という結果でグループリーグ敗退を喫し、内容も芳しくないものであったことから、チームを離れることが決まったという。

(筆:Qoly編集部 K)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}